を認識する方法についてのバーンアウト

研究できる自己効力感に基づく介入の減少とバーンアウト,増加の関与, -機能性の向上を目的とし? выгорание определяется так: シニシズム + の譲渡 + 疲労.

例えば、, を用意する必要がありますの会議. ろ姿勢できるマニフェストに思う"できないとなるでしょう。". またいかに問題を見ないレコード. 最終的には、準備のための非常にタイヤ, その日していただかなくて構いません.

いなどの症状を:

  • 仮設, が著しく低下忍耐力. 例えば、, まざまなのやどこかにmisspokeは忘れえで最も重要な. なので混乱す, るまで数日を投げること研修.
  • 自分自身を包む. きう: "になっているのでしょうか?同じカミに会議? 何, ばねじのすべての公の場に姿を現? 何, если я всегда буду ошибаться в жизни и умру посредственностью?"