を認識する方法についてのバーンアウト

研究できる自己効力感に基づく介入の減少とバーンアウト,増加の関与, -機能性の向上を目的とし? バーンアウトとは: シニシズム + の譲渡 + 疲労.

例えば、, を用意する必要がありますの会議. ろ姿勢できるマニフェストに思う"できないとなるでしょう。". またいかに問題を見ないレコード. 最終的には、準備のための非常にタイヤ, その日していただかなくて構いません.

いなどの症状を:

  • 仮設, が著しく低下忍耐力. 例えば、, まざまなのやどこかにmisspokeは忘れえで最も重要な. なので混乱す, るまで数日を投げること研修.
  • 自分自身を包む. きう: "になっているのでしょうか?同じカミに会議? 何, ばねじのすべての公の場に姿を現? 何, 間違いが起こり、生命金型です。?"

 

などを避けるためのバーンアウト

このニーズへの自己効力感—信念をその行動及び能力を成功させるためには. ときにクラッシュ, 付属のバーンアウト.

データ自己効力感: に向けての統一理論の人々の行動に変化をもたらす исследователей из Стэнфордского университета, レベルの有効性に依存する必要があると考え:

  • 直接体験. Успешно завершив важное дело, きな自信とインスピレーション. では最も信頼性の高い個人の効果.
  • 間接的な経験. Когда другие достигают успеха в деле, たいに成功しま, ので奮. 特に人が, まequals. 思想: "一度き, "ができ.
  • 信仰. Самоэффективность повышается, 者の方が重要だという, んでい. 例えば、, 両親, 配偶者, メンター.
  • 生理的、心理的状態. Тревога, ストレスを常に疲労を低減と自分.

への対応のあり方についてのバーンアウト, 場合を防止するために失敗した

Blogger Kunal Sandila (Kunal Shandilya) советует упражнения для улучшения самоэффективности.

1. 増加テンポを徐々に

燃焼しませんの直筆の長又は新製品. マーケットへのアクセスを. 小勝徐々に強化す. 使用に伴うバーストの信頼, 成功の大きな課題. 時間と、全国的かつ急速なまん延により国レベルの効率.

2. 利用の可視化と自己催眠術

の自動提案にシフトの潜在意識の信仰. このためには、何度も繰り返し正の設定. がなければならないの感情の強化. 例えば、, 毎朝このことを数回: "高自己効力感. ことがあったりして焼き切り付き, その後は回収が繁栄".

3. デルとなるその他

すえおもいえ, するには、以下の方法がありますの強化であるとの考えのお手元で. 自分で. その感情の回収パフォーマンスの向上の感動を生き返す. 取得の悪循環, 有すべての.

4. 学習への対応のあり方について不安

多くの不安の要因, 減自己効力感. 対, このプラン:

  • お気づきの感動, 一時停止.
  • を不安に思い.
  • 率, どのように正.

最も一般的意を取る恐れ. Если у вас более серьёзные проблемы с тревожностью, を参照して専門.

知見

通常の繰り返しの練習を避けるバーンアウト. があります, きのリスクを燃やす, 例えば、非常に疲れ. でも自分休憩, 健康に良いと一般.

とすぐに通知, どの自己効力感が低下: 表皮を考える作業譲渡, すぐにコースのこれらの演習.